So-net無料ブログ作成

お泊まり会 [ちっとぱっこ親ばか日誌]

これも、結構前の話になりますが…

夏休みに入る直前の終了日、幼稚園でお泊まり会がありました。

今年度のお泊まり会と言うのはどういうものかと言うと…
日中いつもと違うお楽しみ会のようなことをやって
夜、みんな一緒に幼稚園にお泊まりする、というようなかんじ。

いやいや…

毎晩、隣で私の手を握らないと全く寝ない子が、幼稚園でお泊まりなんて
出来るはずないわ~。絶対無理でしょ。
生まれてから私がいない状態は、私が病気の検査入院した1歳の時以来一度もありません。



とりあえず、お泊まりは強制ではなく
いつもの終了日のように午前中で帰るもよし
スペシャルのお楽しみ会終了後の夕方に帰るもよし
泊まりたければ泊まれる…というような感じで
本人や親の自由意思でパターン選択できるような形だったので
とりあえず、あーたんにイラスト付きで流れを説明して選ばせることに。

まあ、別に無理せず、お楽しみ会終わって夕方に帰ってくればいいかな?
…なんてことを親の方は思っていましたが
あーたんに「お泊まりしたい?」って聞いたら「してみたい!」ときっぱり。

…え?いや、無理じゃね?

…と、思ったんですが、まあ、無理なら無理でお迎え行けばいいのか。
本人がやりたいって言ってるのに止める理由もないし。
ダメだったらその時には先生から連絡来るだろう。
と、とりあえずお泊まり会チャレンジさせてみることにしました。

夕方になり、そろそろプール温泉に入ってる頃かなあ?とか…
夕飯はカレーだって言うから、カレー食べた後辺りに
先生から「お迎え来てください」の連絡くるかなあ?とか…
そんなことを考えながら、1人で落ち着かず、ソワソワしていたんですが
待てど暮らせど電話がかかってこない(@_@)

あれ?

気づけば夜10時。

いや、まだまだ油断は出来ないよ。
ここからが勝負だ。
もしかすると真夜中に連絡が来ないとも限らないし。

…とかなんとか思いつつ、枕元に携帯を置いてとりあえず布団に入りましたが…

気が付いたら朝でした(@_@)

え?ええ?朝だよ!
お泊まり出来ちゃったよ!
しばし、呆然とする母でした。


翌朝、お迎えに行ったら、「ママ~!」と満面の笑みで走ってきました。
ああ~、それ見たらなんか泣きそうでした。

癇癪も起こすし、急に意味不明なことでキレるし
わけわかんない我が子だけど…
ちゃんと成長してるんだ~と、しみじみ。

帰り道、カメラを向けたら変な格好でピース(笑)
IMG_2297.jpg

相変わらず、写真が嫌いです(^^;)


ちなみに、このお泊まり会の後、久々に(たぶん数か月ぶりくらい?)
夜泣きが復活しました。
お泊まり会、相当がんばってた反動だったのかも?
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。